本文へスキップ
50万円台のメンズ時計【男性用の腕時計】

予算50万円くらいで買える男性用腕時計

「予算50万円くらいでどんな腕時計が買えるの?」という疑問が解決すると思います。ブランドごとの特徴、予算などをわかりやすくまとめています。


オメガ
50万円台ならオメガのほとんどのモデルが購入可能です。オメガなら仕事も遊びもどちらでも付けていけるので活躍の機会が多くあると思います。高級だけど派手じゃなくて落ち着いたイメージなので大人の時計という感じがあります。予算50万円ならシーマスター、スピードマスター、プラネット、 コンステレーションなどほぼすべてのモデルが購入可能です。


ロレックス
ロレックスのパーペチュアルというモデルだとぎりぎり50万円台でも買えます。ロレックスを買おうと思ったら70万円以上あったほうがいいと思いますけど、50万円台でも買えるモデルもあります。ロレックスは有名なので注目されやすく付けている時計の値段がばれやすいのは欠点かもしれません。


ジャガールクルト
ジャガールクルトのマスターコントロールは予算50万円台でぎりぎり買えます。時計の動力が手巻きムーブメントなので毎日巻く必要がありますけど続けていると愛着がわきます。面倒くさがりな方は他のブランドの時計を買った方がいいかもしれません。


SEIKOセイコー
50万円出せばセイコーの高級モデルであるグランドセイコーに手が届きます。日本国内では超有名ですけど海外での知名度はまだまだ。


IWC
文字盤はシンプルで大きめ、見やすさを重視したデザインになっています。落ち着いたデザインのものがほとんどなのでスーツに合うと思います。


タグ・ホイヤー
予算50万円台ならタグホイヤーのほとんどのモデルが買えます。意外と厚みのあるデザインなので正面からだけでなく斜めから見た写真もチェックしたほうがいいと思います。アクアレーサー、グランドカレラ、リンク、フォーミュラ1など、スポーツウォッチだけど少し落ち着いているデザインの腕時計です。


ベル&ロス
ベル&ロスは珍しいデザインですし日本ではマイナーなブランドなので他人とかぶらないと思います。航空機の計器のような特徴的なデザインが魅力です。


ジン
デザインが渋いので若い人が付けても似合わないかもしれません。ある程度年齢を重ねた大人の時計というイメージです。


ブライトリング
パイロットウォッチと言えばブライトリングです。文字盤に書かれた数字は飾りではありません。航空機のパイロットがする計算をあの文字盤とベゼルを使ってすることができるようになっています。



※50万円台の腕時計は以上です。