本文へスキップ
30万円台のメンズ時計【男性用の腕時計】

予算30万円くらいで買える男性用腕時計

「予算30万円くらいでどんな腕時計が買えるの?」という疑問が解決すると思います。ブランドごとの特徴、予算などをわかりやすくまとめています。


オメガ
超有名で定番の時計ブランドです。30万円台ならオメガのスピードマスターという人気モデルが買えます。文字盤のレジスター(小さい計器)がおしゃれ。スピードマスターには自動巻きと手巻きがあるので注意しましょう。自動巻きは腕に付けていれば振動で勝手にゼンマイが巻かれるタイプ、逆に手巻きは自分でゼンマイを巻かなければ止まります。面倒くさがりな方は自動巻きのスピードマスターのほうがいいかもしれません。


タグ・ホイヤー
予算30万円台ならタグホイヤーのほとんどのモデルが買えます。アクアレーサー、グランドカレラ、リンク、フォーミュラ1など、スポーツウォッチだけど少し落ち着いているデザインの腕時計です。意外と厚みのあるデザインなので正面からだけでなく斜めから見た写真もチェックしたほうがいいと思います。


ベル&ロス
ベル&ロスは珍しいデザインですし日本ではマイナーなブランドなので他人とかぶらないと思います。航空機の計器のような特徴的なデザインが魅力です。値段はちょっと高めで30万円〜50万円くらい。


SEIKOセイコー
30万円出せばセイコーの高級モデルであるグランドセイコーに手が届きます。


チュードル
ロレックスの兄弟ブランドなのでデザインが似ているところもありますが、時間をかけて独自性を発揮するようになりました。今ではすっかりメジャーブランドとして定着しています。オンでもオフでも使えるシンプルなデザインが魅力です。


ロンジン
エレガントというか落ち着いた印象のあるブランドです。安いモデルは6万円くらいから買えますけど、予算を30万円台まで上げるとダイヤモンドを使った高級モデルも出てきます。


ティソ
世界中で使われていますけど日本での知名度はそこまで高くありません。1853年創業の老舗ブランドで10万円〜30万円くらいの価格帯がメイン。


IWC
文字盤はシンプルで大きめ、見やすさを重視したデザインになっています。落ち着いたデザインのものがほとんどなのでスーツに合うと思います。


ジン
デザインが渋いので若い人が付けても似合わないかもしれません。ある程度年齢を重ねた大人の時計というイメージです。


エドックス
耐久性の高さが魅力の時計です。ボートレースやラリーレースで使われたりする本格的なスポーツウォッチだったりします。


ボーム&メルシェ
創業してから180年くらい経っている老舗ブランドです。老舗らしく落ち着いていて保守的なデザインがほとんど。


ブライトリング
パイロットウォッチと言えばブライトリングです。文字盤に書かれた数字は飾りではありません。航空機のパイロットがする計算をあの文字盤とベゼルを使ってすることができるようになっています。



※30万円台の腕時計は以上です。