本文へスキップ
10万円台のメンズ時計【男性用の腕時計】

予算10万円くらいで買える男性用腕時計

「予算10万円くらいでどんな腕時計が買えるの?」という疑問が解決すると思います。ブランドごとの特徴、予算などをわかりやすくまとめています。


SEIKOセイコー
セイコーだと10万円台でいいものを買えます。堅実な印象があるので社会人が付けるとまじめな印象になります。文字盤の色は白、黒、紺色、濃い青など、大人っぽいデザインがほとんどです。販売価格が抑えめなので10万円台に限定しても100種類くらいあります。安く買おうと思ったら3万円くらいのモデルもあります。


タグ・ホイヤー
安いものは8万円くらいから購入可能。予算10万円台で買えるタグホイヤーが150本くらい見つかります。この価格帯のタグホイヤーはおしゃれだったり派手だったりカジュアルなデザインがほとんど。赤や青のベゼルなど目立つモデルもあります。白や黒の定番色もありますけどフォーマルなデザインは少なめ。


チュードル
チュードルの時計は10万円台後半から購入可能です。ロレックスの兄弟ブランドなのでデザインが似ているところもありますが、時間をかけて独自性を発揮するようになりました。TUDORヘリテージ、プリンスデートあたりなら予算10万円台でも手が届きます。


シチズン
安いモデルなら2〜3万円で買えますけど10万円くらい出すと結構いいモデルが買えます。衛星から電波を受信して自動で時刻合わせをしてくれたり、スマートフォンと連動して動いたりするタイプは少し高くなります。


カシオ
安いモデルは1万円くらいで買えますけど、予算10万円だと結構いいモデルに手が届きます。Gショックのアナログタイプや海外に行ったとき自動的に時刻を合わせる高級モデルは5万〜10万円くらいすることもあります。


ロンジン
安いモデルは6万円くらいから買えます。10万円以内だとシンプルな見た目の時計がほとんどですけど、予算15万円前後まで上げると金ピカの派手なモデルもあります。


ユンハンス
日本ではマイナーなブランドなので付けている人が少ないと思います。そこまで高い時計ではないので10万円台で買うことができます。


ボーム&メルシェ
創業してから180年くらい経っている老舗ブランドです。老舗らしく落ち着いていて保守的なデザインがほとんど。


ティソ
世界中で使われていますけど日本での知名度はそこまで高くありません。1853年創業の老舗ブランドで10万円〜30万円くらいの価格帯がメイン。


オリエント
実用的な時計だけでなくファッション性重視のものまで幅広く扱っているブランドです。値段はそこまで高くありません。


ジン
デザインが渋いので若い人が付けても似合わないかもしれません。ある程度年齢を重ねた大人の時計というイメージです。


エポス
おすすめはナイトスカイというモデルです。星空をイメージした文字盤は他のブランドには無い独特のデザインです。月齢表示などの特殊な機能が付いているので少し変わった時計を探している方におすすめ。


フォルティス
宇宙で使う時計としてデザインされたユニークな文字盤なので人とかぶることはあまり無いと思います。


グリシン
ミリタリーウォッチとして人気のブランドです。暗い場所での視認性を重視した文字盤が魅力。


ハミルトン
ファッション性重視の時計ブランドです。時計の形が左右非対称だったり文字盤に数字が一切書かれていなかったりしますけど、見た目の印象がとにかくおしゃれ。映画の撮影に使われることもあります。



※10万円台の腕時計は以上です。